マカロンアイコン

色々なケーキ

ここでは一般的なケーキの種類について調べてみましょう。

・ショートケーキ
日本ではスポンジケーキに生クリームやフルーツを挟んだものを指す

・チーズケーキ
チーズを使ったケーキのことで、冷製のレアチーズケーキ、温製のベイクドチーズケーキ、湯煎焼きのスフレチーズケーキなどに分かれる。

・チョコレートケーキ(ガトーショコラ)
ケーキの生地にココアパウダーやチョコレートを含むケーキのことで、さらに表面をチョコレートでコーティングしたものなど様々。

・ザッハトルテ
チョコレート生地のケーキにアンズジャムを挟み、ケーキの表面全体をチョコレート入りのフォンでコーティングする。チョコレートケーキの王様と言われている。

・シフォンケーキ
卵白のみを用いて作るエンジェルフードケーキを元に考案され、食感が絹織物のシフォンのように軽いことから名付けられた。普通のスポンジケーキより背が高く、中央に円筒状の穴が開いている。

・シュー(シュークリーム、エクレア等)
「シュー」とはフランス語でキャベツを意味し、丸く絞り出して焼いた生地をキャベツに見立てて「シュー」と呼ぶ。生地の中が空洞になるように焼いてその中にカスタードクリームを入れる。

・トルテ(タルト)
クッキー生地を皿状に焼いてカスタードやフルーツなどを盛り付けたり、生地にアマンド生地を入れてやくものもある。

・パイ(ミルフィーユ等)
小麦粉をねって薄くのばし、バターを何層にも重ね、中にくだものなどを包みこみ、蒸焼きにした菓子。

・パウンドケーキ
フランスでは「四分の四」という意味の“カトル・カール”といい、小麦粉、バター、砂糖、卵の4つの材料を同量ずつ使って焼くお菓子の事。

・バウムクーヘン
中心に穴があり、断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキ。

・パンケーキ(ホットケーキ、とも)
小麦粉に卵やベーキングパウダー、砂糖、牛乳、水などを混ぜ、フライパンで両面を焼いたもの。

・マカロン
卵白と砂糖とアーモンドを使ってオーブンで焼きあげた菓子。

・マフィン
アメリカ式のカップケーキ状の焼き菓子と、イギリス式の丸型で焼いたパン状のいわゆるイングリッシュマフィンがあるが、一般的にはアメリカ式のものを指す。小麦粉、ベーキングパウダー、バター、砂糖、卵、牛乳などで作られた生地を型に流して焼く。

・ミルクレープ
何枚ものクレープを、間にクリームや果物を挟んで重ねたもの。“千枚のクレープ”という意味のフランス語。

・モンブラン
アルプス山脈のモンブランに似せて作った栗をふんだんに使ったケーキ。マフィン生地やタルト生地、フィナンシェ生地などの上に生クリームをホイップし、その上にマロンクリームを重ねるなど。

ネスカフェドルチェグストを詳しく知りたいならコーヒー&ティーラボ
コーヒーメーカーを買い替えようと思った時に参考にしました。カプセル式を購入するのは初めてだったのでどうかと思って検索していて見つけました。
デコレーションケーキ